文字サイズ

【阪神大賞典】ヴォージュ 和田悲願のタイトル獲得へ44度目の重賞挑戦

 西村師が重賞獲りを期待するヴォージュ(撮影・石湯恒介)
 “岩元イズム”を受け継ぐ西村師(左)と和田
2枚2枚

 「阪神大賞典・G2」(17日、阪神)

 開業5年目の西村真幸調教師(43)=栗東=が14日、マラソンレースに絶対の自信を持つヴォージュを仁川伝統のG2へ送り出す。鞍上の和田とは古巣・岩元厩舎がつなげた縁。44度目のトライで厩舎の重賞初Vといきたいところだ。

 今年は先週終了時点で8勝をマークしている西村師。好調な滑り出しを決める一方で、重賞ではこれまで3着(17年平安S=マイネルバイカ)が最高着順だ。ことごとく厚い壁に跳ね返されて「難しさ、もどかしさを感じてきた」と悔しさをにじませる指揮官が、「重賞に手が届く馬」というヴォージュを阪神大賞典に送り込む。

 オープン入りまでの5勝は全て2000メートルだが、師は早くから長距離適性を見抜いていたという。「2400メートルや2600メートルを使っていきたかった。だから昨年の夏は札幌に連れて行った」。二六の札幌日経オープンを勝ったのは思惑通り。前走の万葉Sでは、のちにダイヤモンドSを勝つユーキャンスマイルを二枚腰で封じ込んだ。「道中、他馬と並ぶとハミを取ってしまう。うまく運んでくれた」と和田の好騎乗をたたえた。

 05年8月から調教師試験合格の13年12月まで、岩元市三厩舎(昨年解散)で助手を務めた。「馬の能力は変えることができない。生き物だから調子の良い悪いがある。だから、一番いい時に、一番いい条件に使ってやることを心掛けている」。師匠から受け継いだ“岩元イズム”。「開業から世話になっているオーナーにも恩返しがしたい。岩元先生の縁でつながった和田で、重賞を勝てたら最高ですね」。44度目の重賞挑戦で初美酒へ-。機は熟した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス