文字サイズ

【大阪杯】ブラストワンピース 2つ目のビッグタイトル奪取へ順調

 「大阪杯・G1」(31日、阪神)

 昨年のグランプリホースが14日、今季初戦に向けて、徐々に調整ピッチを上げてきた。美浦Wで長めから追われたブラストワンピースは、終始馬なりの手応えで6F84秒7-38秒2-12秒9の時計を記録した。

 帰厩後初めてのコース追いとなったが、動きを見守った大竹師は「2週前の追い切りとしては良かったと思っています。13日の時点で548キロ(前走・有馬記念=534キロ)。体はまだ太いけど、順調に来ていますよ」と上々の感触を伝えた。

 レイデオロを首差振り切った、昨年暮れの有馬記念から3カ月。最強世代の呼び声が高い現4歳勢の中で、最優秀3歳牡馬の称号を射止めた素質馬は、2つ目のビッグタイトル奪取を目指し、順調そのものだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス