文字サイズ

【ボート】守田俊介「平成最後のSG制覇狙う」 戸田で16日からクラシック開催

今年最初のSGに向けて意気込む守田俊介
1枚拡大

 19年最初のSG競走「第54回ボートレースクラシック」が16日から21日に埼玉県のボートレース戸田で開催される。このPRのため、戸田競艇企業団事業部の飯野諭志主幹と、3年ぶりに同レース出場となる守田俊介(43)=滋賀・74期・A1=が11日、大阪市のデイリースポーツを訪れた。

 地元の桐生順平、中田竜太や18年MVPの峰竜太、昨年SG2冠の毒島誠、前年覇者の井口佳典といったつわものがズラリとそろうなか、昨秋のボートレースダービー(蒲郡)以来3度目のSG制覇を目指す守田は自然体を強調する。「どこのSGでも“獲りたい”と思えるようになったのは幸せなこと。あとはいつも通り難しく考えず、流れが良ければ…ですね」。初日ドリーム戦には3号艇で出場。何度も「気楽に」と言いつつも、最後には「平成最後のSG。狙っていきたいです」と笑顔でうなずいた。

 戸田でのSG開催は7年ぶりで、売り上げ目標は110億円を想定。17日には山本譲二の歌謡ショー、石井明美と岩崎良美のミニライブが行われるなど、イベントも多彩だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス