文字サイズ

【オーシャンS】モズスーパーフレア圧逃V 次は豊でG1獲りだ

 「オーシャンS・G3」(2日、中山)

 前半の3F通過タイムが32秒3。かなりのスピードで飛ばしているはずなのに、直線の急坂にさしかかっても、モズスーパーフレアの脚色は鈍らない。ナックビーナスの猛追も及ばず。まさに、影すら踏ませぬ逃走劇で重賞初制覇を飾った。

 ルメールは「超速かった」と開口一番。「フットワークがすごく速いね。楽に逃げられた。リラックスしていたし息も入った」。名手をしても文句のない乗り味だったようだ。

 「32秒3だって出たけどさ。あれ、うそなんじゃないか。33秒5くらいで行ってくれって頼んだんだが…。差されるんじゃないかとヒヤヒヤしたが、止まらないんだからすごいよね」。音無師も目を疑うスピードだった。

 次の標的はもちろん、優先出走権を獲得した高松宮記念(24日・中京)。ルメールは「G1?きょうは結構楽勝だった。相手もだんだん強くなるけれど、多分行ける」と太鼓判を押す。

 また指揮官も「力をつけているんだね。高松宮記念でどれほどか分かるんじゃないか。次は武豊君が乗ることになるけど、彼はこの馬で2戦2勝。直線が長いから、後ろもついてこないと思う。そのあたり、うまくだましながら乗ってくれるでしょう」と、春の桶狭間決戦へ自信をのぞかせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス