文字サイズ

【東海S】スマハマ 8カ月半ぶり実戦も俊敏

 栗東坂路で俊敏な反応を見せたスマハマ(手前)
1枚拡大

 「東海S・G2」(20日、中京)

 左膝の骨折から8カ月半ぶりに実戦復帰するスマハマは17日、藤岡佑を背に栗東坂路でウインクルチェリー(5歳500万下)と併せ馬。道中は折り合い十分に進み、ラストは俊敏な反応を示して4F52秒6-38秒3-12秒6で0秒3先着。本番への態勢を整えた。

 「追うごとに動きが良くなっていますね。けさの動きも悪くなかった」と鞍上が好感触を伝えると、それを受けた高橋亮師も「先週、実戦を想定したケイコを消化して、その効果でピリッとしてきた。動きが軽くなって態勢は整ったと思います」と力を込めた。

 前走の青竜Sは2着も、のちに東京大賞典を制すオメガパフュームには先着。レベルが高いと言われる明け4歳世代の中でもトップクラスの逸材だ。復帰初戦から存在感をアピールする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス