文字サイズ

【AJCC】ミライヘノツバサ 中山ではばたく 伊藤大師「元気いっぱい」

 中山は得意なミライヘノツバサ
1枚拡大

 「AJCC・G2」(20日、中山)

 まだ“翼”は折れていない。6歳馬ミライヘノツバサが初タイトルを狙って、得意の中山にターゲットを絞ってきた。

 2年前の3着馬で、続く日経賞でも2着の実績を残す。その後は脚部不安で約1年半の長期休養を余儀なくされたが、昨秋のオールカマーで戦線復帰。結果は10着だったが伊藤大師は「長い休み明けを思えば悲観する内容ではなかった」と振り返る。前走のアンドロメダSでは0秒6差の6着。「着順を上げている。獣医師さんは『心臓の状態は今回が一番いい』と言ってくれている」と全盛期の力がよみがえりつつある。

 先週の日経新春杯にも登録していたが「思いのほかハンデ(56キロ)に恵まれなかったからね。もともとこのレースを考えていた。1週前にしっかり追って、今週追い切ればもっと良くなる」と予定通りの参戦だ。

 15日朝は美浦Dを半周してからWを1周。すっかり白さを増した芦毛の馬体を弾ませながら、軽いキャンターで水曜の追い切りに備えた。「相変わらず活気があって、元気いっぱい」と満足顔の指揮官。「舞台は申し分ない。今後に向けて賞金を加算させたいね」と(4・2・2・2)の中山戦に胸を躍らせる。準備は万端。復帰3戦目で大きくはばたいてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス