文字サイズ

【AJCC】フィエールマン始動戦へ軽快 貫禄見せ2馬身先着

 躍動感あふれる動きで駆け抜けたフィエールマン
1枚拡大

 「AJCC・G2」(20日、中山)

 菊花賞馬が今年の始動戦へ、着々と準備を整えている。フィエールマンは9日、嶋田(レースはルメール)が乗って美浦Wコースへ。パートナーのアッラサルーテ(6歳1600万下)を見ながら、軽快にスピードに乗って直線に入ると、内から貫禄の違いを見せつけるように2馬身先着。5F67秒6-39秒5-12秒4のタイム以上に、クラシックホースの看板にふさわしい躍動感あふれるフットワークが光った。

 見届けた手塚師も「良かったですね。もともと本数はいらないタイプだけど、やっぱりいい感じで動きます」と満足そうな表情。17日に予定されている来週の最終追い切りには、ルメールが駆け付けて感触を確かめることになっている。キャリア4戦で菊の舞台を制した若き俊才。明け4歳となり、さらに進化した姿を見せてくれそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス