文字サイズ

【ボート】浜名湖G1は茅原悠紀がV

イン速攻を決めて優勝を飾った茅原悠紀
1枚拡大

 「浜名湖賞・G1」(4日、浜名湖)

 1号艇の茅原悠紀(31)=岡山・99期・A1=がトップSからイン速攻を決めて快勝。昨年2月の中国地区選手権(徳山)以来、5回目のG1優勝を飾った。2着は田村隆信、3着は河合佑樹が入った。

 S展示は笠原、坪井が前付けに動いてコース取りに変動があったが、本番は枠なりのオールスロー。インの茅原はコンマ15のトップSから1Mを先マイすると、そのまま悠々と逃げ切った。

 昨年7月の当地64周年では優勝戦1号艇だったが、まくられて2着に敗れており、その悔しさを吹き飛ばした。「初日から回り足が良かったし、先に回ればという自信もあった」と笑顔で振り返った。

 次走はG1・ダイヤモンドカップ(からつ)、そしてSG・グランプリシリーズ(住之江)と続く。「グランプリに乗れなかったのが今年のすべて。来年は地元の(ボートレース)ダービーが目標。マジでやってやると思ってます」と、児島で来年10月に開催される大一番に照準を合わせて、気合の走りを続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス