文字サイズ

【ボート】GP&QCカウントダウンコラム3

 賞金ランク13位の赤岩善生
1枚拡大

 「グランプリ・SG」(19日開幕、住之江)

 ◆男子13位・赤岩善生

 今年は4月に江戸川で優勝して悲願の全24場制覇を達成し、5月には宮島周年で6年ぶりのG1制覇。そして9年ぶりのグランプリ出場も成し遂げた。妥協のないエンジン整備。スタイルは9年ぶりの大舞台でも変わらない。「いつも通り、自分の仕事をするだけ」。06年はシリーズ戦で優勝。今度は頂点の座をつかみ取る。

 ◆男子14位・浜野谷憲吾

 今年の浜野谷は見事に復活。6月のまるがめ周年記念で3年ぶりのG1優勝、10月には住之江で高松宮記念も制した。活躍の要因には「何も変えてないよ。昨年よりもちょっと痩せたぐらい」と笑う。グランプリ出場は8年ぶり。「久しぶりだから緊張しないように。前検日に乗りやすかったら、やれる自信はある」と栄冠を目指す。

 ◆男子15位・太田和美

 今年はA2スタートだった太田。前半はG1に出場できなかったが、3月にG2・MB大賞(三国)優勝。7月にA1復帰後は順調に賞金を加算した。「三国で勝って賞金ランク20位台でいられた」と振り返る。世代交代がささやかれるが「若手に通用しないと思ったことは全くない」と強気の姿勢で20年ぶりに賞金王の座を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス