文字サイズ

福永祐一騎手 体重管理についてテレビで説明「満腹になるまでは…」

収録を行った福永祐一騎手
1枚拡大

 競馬の福永祐一騎手(41)をさまざまな切り口から取り上げる、読売テレビ「ダービージョッキー福永祐一の至福の時間」(金曜、午後8・54)の第2話が9日、放送される。このほど、三重県内で収録を行い、行きつけのグルメを紹介したほか、日頃の体重管理についても明かした。

 番組では福永騎手が「年に数回は訪れる大好きな場所」「必ず訪れる隠れ家グルメスポット」などを紹介。旅やグルメ・アロマ・家事など、普段あまり競馬に親しみのない若い女性も楽しめる作りになっている。

 今回は、江戸時代のおかげ参りの頃の街並みを再現した「おかげ横丁」を訪問。お土産やグルメなどが集まる人気の観光スポットだが、福永騎手は明治42年創業の「豚捨(ぶたすて)」を度々、訪れていると明かした。

 同店は松阪牛よりも古くからある古来種・伊勢牛のみを厳選して使用しており、福永騎手は必ず「牛丼」を注文すると紹介。日頃の体重管理についても触れ、「週末にかけては少しは気にしますが、週初めや週中は好きなものを食べますね。でも子供の頃から腹八分目で満腹になるまでは食べません」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス