文字サイズ

【競輪】取手で10日からG3・水戸黄門賞を開催 13日には渡辺裕之トークショー

来社した取手競輪のマスコットキャラクター・バンクくん=東京・木場のデイリースポーツ(撮影・開出牧)
1枚拡大

 開設68周年記念「G3・水戸黄門賞」が10日から13日まで、茨城県の取手競輪で開催される。このPRのため、茨城県自転車競技事務所の山本辰夫次長ら関係者が6日、マスコットキャラクターのバンクくんを伴い、江東区のデイリースポーツを訪れた。

 S級S班は地元の武田豊樹、浅井康太の2人。グレード戦線で快進撃を続ける山崎賢人、和田健太郎、根田空史らの千葉勢、稲垣裕之、川村晃司ら近畿勢の強豪を、地元勢からは吉沢純平、芦沢辰弘も参戦して迎え撃つ。

 山本次長は「なんといっても地元選手に頑張ってもらいたい。中でも武田豊樹選手に優勝してもらい、競輪祭、グランプリにつなげてほしい。売り上げ目標は5億です」と力強く語った。

 場内イベントも盛りだくさん。12日は引退した地元のレジェンド・戸辺英雄さんのトークショー、13日には水戸市出身の俳優・渡辺裕之の「ファイト一発!」トークショーが行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス