文字サイズ

【POG】シトラスノキセキ 上がり最速V ルメールは切れ味を評価「いい瞬発力」

 新馬戦を制したシトラスノキセキ(右)=東京競馬場(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 「新馬戦」(28日、東京)

 東京4Rで中団を進んだ2番人気のシトラスノキセキ(牝2歳、父ワークフォース、母シャイニンググラス、美浦・加藤征)が、最速の上がりを繰り出して差し切りVを飾った。

 ルメールは「出脚は速くなかったけど、直線ではすごくいい瞬発力を見せてくれた」と切れ味を評価。加藤征師は「マイル戦を予定していたが、1F距離を詰めたのが良かったね」と話した。次走は未定。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス