文字サイズ

【天皇賞】スワーヴリチャード再進撃に自信 充電完了!加減なくしっかり調整

 スワーヴリチャード
 ラストを馬なりで伸ばしたスワーヴリチャード
2枚2枚

 「天皇賞(秋)・G1」(28日、東京)

 秋初戦に臨むスワーヴリチャードは11日、栗東CWで単走追い。向正面から馬なりでスピードを上げ、6F81秒1-37秒4-12秒0をマークした。

 見届けた庄野師は「追えば動く馬だから時計は気にしていなかった。動きに関しても、手前の変え方や、追い切った後の歩様など悪くはなかったね」とうなずく。

 春は大阪杯でG1初制覇。続く安田記念は3着に敗れたが、夏場を放牧に充て、リフレッシュ完了。「昨年と比較しても、加減なく、しっかりと調整できています。まだ2週間あるので緩さはありますが、レースまでには仕上がると思う」と再進撃へ自信を見せた。

 ワグネリアン、レイデオロ、マカヒキと3世代のダービー馬が集結するなど、空前のハイレベルになりそうな一戦。「メンバーはそろうけど、勝ちに行く競馬をしないと」と指揮官。G1ホースとして臨む秋に、強い決意を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス