文字サイズ

【府中牝馬S】女王・ジュールポレール軽快 西園助手も手応え

 反応鋭く駆け抜けたジュールポレール
1枚拡大

 「府中牝馬S・G2」(13日、東京)

 今春のヴィクトリアマイル覇者ジュールポレールは10日、秋初戦に向けて栗東坂路を単走。鞍上のステッキに鋭い反応を見せ、機敏な動きを披露。軽快なフットワークで4F52秒5-37秒5-12秒3をマークした。西園助手は「いい動きでした。順調に仕上がっていますし、乗り込めてきています」と手応えを口にする。

 最大目標はマイルCS(11月18日・京都)だが、GI馬として結果が求められる一戦。当然のことながら陣営の意気込みも高い。「休み明けは苦にしないですし、競馬のセンスがある馬。大崩れすることがなく、いい意味で春から大きく変わっていない。恥ずかしくない走りをしたい」。ひのき舞台へ弾みをつけたいところだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス