文字サイズ

藤岡佑、トーセンブレスと念願コンビに気合十分

 美浦に駆け付けた藤岡佑
1枚拡大

 秋華賞でトーセンブレスと初コンビを組む藤岡祐介騎手(32)=栗東・フリー=が美浦トレセンに駆け付け、最終追い切りにまたがった。

 Wコースで単走追いだったが、「きょうは感触を確かめるため乗りましたが、いい感じをつかめました」と笑顔。阪神JF、桜花賞でともに4着に健闘するなど早くから高い能力を示していたディープインパクト産駒には以前から注目していたという。「切れる脚を使うイメージがあって、乗ってみたいなと思っていた。騎乗依頼があった時はうれしかったですね」と念願かなってのコンビ結成に声を弾ませる。

 今年はNHKマイルC(ケイアイノーテック)で悲願のJRA・G1勝ちを達成。「G1を勝ったことでチャンスを頂けたと思う。一番の武器である末脚の切れを出せるように、しっかりいいレースをして頑張りたい」。関東馬で中央G1に挑戦するのは、17年高松宮記念(クリスマス=14着)以来7回目。直線勝負に徹して、番狂わせを演出する。(デイリースポーツ・北島稔大)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス