文字サイズ

【ボート】峰竜太が貫禄示す さすがの実績!戸田との相性問題なし

 戸田の水面とも相性のいい峰竜太
1枚拡大

 「戸田プリムローズ・G1」(7日開幕、戸田)

 ボートレース戸田の開設62周年記念「G1・戸田プリムローズ」は7~12日の日程で開催される。今年のSG戦線をけん引する峰竜太、白井英治が「二枚看板」だ。地元勢は昨年のMVP桐生順平が4月のG1・からつ周年準優でのFによるペナルティーで不出場。中田竜太が3月に続く当地G1周年連覇を目指して勇躍する。

 2レースあるドリーム戦で、それぞれ1号艇に指名されている峰、白井が中心となって、優勝争いは展開される。

 峰は今年優勝7回、そのうちG1を2勝とさすがの実績を残している。戸田では昨年1月のG1周年で準Vと相性は問題ない。

 白井は6月に地元の徳山でSG・グランドチャンピオンを優勝。賞金面でも峰をリードしている。ただ、戸田では今年3月の61周年でコンマ09の“非常識F”で途中帰郷を余儀なくされており、今節はリベンジを期しての登場となる。

 戸田での実績なら山崎だ。SG2勝(03年ダービー、06年オールスター)を誇るドル箱水面。直前の児島G1周年を制した勢いで、得意の戸田に乗り込んでくる。また、今垣に今村も戸田でのSG優勝歴があり、侮れない。

 ほかでは、池田は戸田で実績を残していないが、最近は復調ムード。また、9月の桐生G1周年を制して全場制覇を達成した辻、さばき確かな魚谷、豪快ターンが持ち味の秋山は狭い水面も苦にしない。

 地元勢は桐生順平が不在だが、9人の精鋭が立ち向かう。大将格は中田で、戸田周年連覇を狙う。須藤、金田は近況優勝2回と好調。石塚は季節が変わってリズムが上向いてきた。中沢は前節の児島G1周年で優出と好ムード。ベテラン平石の奮起、気合充実の黒井、佐藤、秋元といった若手にも注目が集まる。

 スピード自慢のヤング陣にも警戒したい。羽野は昨年4月ルーキーシリーズ以来の戸田参戦だ。村松は今年4月の当地で優出している。女子も長嶋、遠藤、小野の強豪がスタンバイして上位進出を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス