文字サイズ

【POG】木梨憲武が命名!ゴータイミング 武豊を背に29日デビュー

 デビュー30周年の武豊展に駆けつけた木梨憲武(左、右は北島三郎)=2016年
1枚拡大

 「新馬戦」(29日、阪神)

 “親友タッグ”がターフを沸かせる。29日の阪神5R新馬戦(芝1800メートル)で、武豊を背にデビューを迎えるゴータイミング(牡2歳、栗東・松永幹)に注目だ。名付け親はとんねるずの木梨憲武。武豊とは20年来の親交がある芸能界きっての競馬通。テレビではトーク番組で共演、旅番組ではユタカの自宅を訪問するなど、旧知の仲だ。

 「馬名の由来は特に聞いてないけど、個展のテーマが“タイミング”だから、そういうのもあるのかな?」とユタカ。木梨は各地で『木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-』を開催中。JRA登録時に申請された馬名の意味も“瞬間”と記されており、そこから名付けられたようだ。

 「まだ一度も乗っていないけど、この血統だからね。走ってほしい」とユタカが期待するように、血統も超一流だ。父がディープインパクトなら、母はディアヌ賞(仏オークス)、サンクルー大賞など仏G1を3勝した名牝サラフィナ。また、全兄には7月のメシドール賞・仏G3で武豊が手綱を取り金星を挙げたジェニアルがいる。父母そろって凱旋門賞に参戦し、オーナーが「武豊さんと凱旋門賞に行くのが夢」と公言する松島正昭氏が代表を務めるキーファーズということからも、同馬には壮大な夢が託されている。

 松永幹師は「まだ途上だけど、順調に調教を進めています。気性はジェニアルと違って素直。オーナーは“ジョッキーの4000勝がこの馬ならいいなぁ”っておっしゃってました」とデビューを心待ちにする。武と憲武の“武コラボ”が競馬界を盛り上げる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス