文字サイズ

【セントライト記念】タニノフランケル 確かな成長 幸も手応え「芯が入ってきた」

 チップを蹴散らして走るタニノフランケル
1枚拡大

 「セントライト記念・G2」(17日、中山)

 血が騒ぐか。父母合わせて“17冠”という超良血タニノフランケルが12日、栗東CWで最終リハ。先行するカイザーバル(5歳1000万下)とアールジオール(2歳新馬)を直線内から楽にとらえ、しまい強めに追われて最先着を決めた。

 5F69秒0-38秒3-11秒6をマークしての0秒1先着に、騎乗した幸は「先週同様、動きは良かった。以前の緩さが抜けて、芯が入ってきた」と確かな成長を感じた様子。順調な調整過程に、辻野助手も「小倉を叩いてトライアルというのは予定通り。大型ですし、1回使ったことで動きやすい体になると思う」とさらなる上積みを強調する。

 これまでの3勝が全て逃げ切りV。幸が「ハナに立った方が気持ち良く走れる」と話すように、現段階では展開に注文がつくが、自分の形にさえ持ち込めば簡単にはバテない。「コーナーから加速しても直線までスピードを持続できる。中山は合うと思うんですけどね」。世界レベルの良血馬。“圧逃”があっても驚けない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス