文字サイズ

【神戸新聞杯】ワグネリアン さらに良化 福永も手応え十分「背中が強くなった」

 福永を背に成長した姿を見せつけたワグネリアン
1枚拡大

 「神戸新聞杯・G2」(23日、阪神)

 軽い身のこなしに、鋭い反応。ダービー馬が12日、絶好リハで仕上がりの良さを伝えた。ワグネリアンは栗東CWで3頭併せ。ルタンデュボヌール(4歳1000万下)を1秒3、エタリオウ(3歳1600万下)を0秒5追走すると、直線は最内を突いて最先着。6F83秒3-37秒7-11秒9をマークした。

 またがった福永は「もともと動く馬だけど、さらに良くなった。力強さが出ていい成長を遂げている」と手応え十分。春と比較し、「前はハミの取り方にストレスを感じていたけど、今はそれがない。背中が強くなった」と手綱越しから伝わる良化ぶりを強調する。

 ユーイチにとっては夢だったダービー制覇をかなえた、かけがえのない相棒。「試すことはない。内容次第で今後の進路も変わってくる。どんな競馬をしてくれるか」と期待に胸を膨らませる。

 北海道胆振東部地震の影響で、母ミスアンコールが安楽死処分となっていたことが今週判明したばかり。さらに成長した姿でのVを、天国の母に届ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス