文字サイズ

オジュウチョウサン 九十九里特別を回避 左トモに違和感…放牧も有馬記念を目標

 九十九里特別を回避することになったオジュウチョウサン
1枚拡大

 7月の開成山特別で平地初勝利を飾った障害界の絶対王者オジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田郎)が、左トモの違和感のため、武豊とのコンビで出走を予定していた九十九里特別(22日・中山)を回避することになった。

 和田郎師が12日、「左トモが本調子でない感じで、はまりが悪いという状態。走らせても本来の力強さが出てこなかった。いい状態でないと使えないし、走った後にガタッとダメージが来てもいけない」と説明。12日に千葉県の和田牧場に放牧へ出された。

 次戦予定は白紙になったが、有馬記念(12月23日・中山)を目標にする方針には変わりはない。「回復具合によって次走を考えていきたい。有馬記念のことも考えての判断。今回使ったことで、休養が長くなるのは避けたかった」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス