文字サイズ

【関屋記念】プリモシーン、春の雪辱V 成長示した力強い伸び

 先頭に躍り出るプリモシーン(左)
1枚拡大

 「関屋記念・G3」(12日、新潟)

 1番人気のプリモシーンが、馬場の真ん中を豪快に伸びて快勝。1月のフェアリーS以来となる重賞Vを決めた。3歳牝馬による当レース制覇は1987年のクールハート以来、31年ぶり。首差の2着に5番人気のワントゥワンが続き、逃げ粘った3番人気のエイシンティンクルが3着と、ディープインパクト産駒の牝馬が上位を独占した。

 プリモシーンが春のG1で結果を残せなかったフラストレーションを、猛暑の新潟で一気に解消させた。

 桜花賞、NHKマイルCともスタートで出遅れてしまい、10、5着と不本意な結果に終わった。陣営は、反撃の舞台を初の古馬相手となる夏の新潟に設定。見事に2つ目のタイトル奪取で、最高の答えを導き出してみせた。

 最初にして最大の関門だったゲートをクリア。五分の発馬から、スムーズにレースの流れに乗った。エイシンティンクルが引っ張り、前半1000メートル通過が57秒2というハイペース。中団やや後ろのポジションできっちりと折り合い、直線は外に持ち出してゴーサイン。残り200メートルあたりで内にヨレたが、鞍上の北村宏が左ムチに持ち替えて立て直し、逃げ粘るエイシンをかわす。最後はどんじり強襲で迫ったワントゥワンを首差抑えて、先頭でフィニッシュした。

 昨年10月の未勝利勝ち以来のコンビとなった北村宏は「スタートをうまく決めてくれて流れに乗れた。最後は少しキツくなったけど、力を振り絞って踏ん張ってくれました」と愛馬の頑張りをたたえた。この日の馬体重はデビュー以来最高となる488キロ。「中身が入って、いい馬になっていました」と鞍上は確かな成長ぶりを感じ取っていた。

 「終わってみれば理想通りの競馬。良かったと思います」と、1番人気の支持に応えた木村師もホッとした表情。今後は福島県のノーザンファーム天栄に放牧に出され、夏場の疲れをしっかり取る方針。次走は未定だが、勢いを取り戻した素質馬が秋のG1戦線を大いに楽しませてくれそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス