文字サイズ

【関屋記念】エイシンティンクル 鋭伸! 偉大な兄に続くぞ いざ重賞初挑戦初制覇

 好調をアピールしたエイシンティンクル(撮影・佐藤厚)
1枚拡大

 「関屋記念・G3」(12日、新潟)

 鋭い伸びで好調ぶりを示した。エイシンティンクルは8日、黒岩(レースは和田)が騎乗して栗東CWで単走追い。馬なりでもラストは自らハミを取り、6F82秒9-37秒1-11秒6をマークした。動きを見守った坂口正師は「動きはこんなものだろう。やれば動くから。順調」と納得の表情を見せた。

 逃げの手を封印した前走。好位4番手から、直線できっちりはじけて連勝を決めた。「意識的に控えた。新潟で行くと止まるし、関屋記念を見据えてのもの。この距離が一番いい。折り合いがつけば」と師はにらむ。全兄は15年香港C、16年イスパーン賞と、海外G1・2勝を挙げたエイシンヒカリ。「今後に向けてどういう競馬ができるか。楽しみ」。重賞初挑戦初Vで偉大な兄に続く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス