文字サイズ

【エルムS】ディアデルレイ 逃げ脚を止めるな!勝浦「状態上がってきた」

復調気配のディアデルレイ。同型はそろったが、主導権は譲らない構えだ
1枚拡大

 「エルムS・G3」(12日、札幌)

 北の大地にパワーホースが顔をそろえた中、復調気配をアピールするディアデルレイが7日、一発の雰囲気を漂わせている。前走のマリーンSは6着だったが、不本意な展開の中で勝ち馬とは0秒4差。同型馬を制し、得意の単騎逃げに持ち込めば二枚腰を発揮するタイプ。何が何でも主導権を-。強豪を相手に自分の型を貫く。

 小回りの札幌ダートに逃げたい馬がそろった。当然ペースは速くなりそうだが、控えたら持ち味が生きないタイプがいる。ディアデルレイもその1頭だ。

 主戦の勝浦が、前走6着のマリーンSを振り返った。「内枠だったし、速い流れに巻き込まれなくて中団で競馬を進めた。勝ち馬と0秒4差だから、着順ほど内容は悪くなかった。自分の形でなくても頑張ってくれたし、状態的には上がってきたと思う」とうなずいた。

 初めてコンビを組んだのが、昨年11月の福島民友C。2番手から抜け出しVへ導くと、続く師走Sでは、2着馬に0秒7差をつけての逃げ切りV。「2連勝したからね。すごい馬だと思ったよ」と素質を高く評価する。

 今年に入って重賞にチャレンジ。東海S9着、マーチS7着、アンタレスS11着と苦戦が続いたが、オープン特別の前走でようやく手応えを感じる走りを見せた。火曜の朝も札幌で感触を確かめており、この一戦にかける思いが伝わってくる。

 鞍上は「もちろんチャンスはあると思う。いろいろと条件はあるけど。えっ?企業秘密だよ」とニヤリ。ただ「自分の競馬をして、力を出し切ること」と力強く言い切った。ポイントは単騎の逃げに持ち込めるかどうか。7歳の古豪は、何が何でも逃げの一手でレースの主導権を奪うつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス