文字サイズ

【POG】クリソベリル、偉大な兄姉の後を追う 出世レースでベール脱ぐ

出世レースで初陣Vを目指すクリソベリル
1枚拡大

 「新馬戦」(12日、新潟)

 出世レースとなっている日曜新潟6R(ダート1800メートル)でベールを脱ぐのはクリソベリル(牡、父ゴールドアリュール、栗東・音無)。半姉に16年宝塚記念などGI・2勝のマリアライト、全兄に13年ジャパンダートダービー馬クリソライトがいる良血馬だ。

 一昨年Vのエピカリスは、のちのUAEダービーで2着。昨年Vのルヴァンスレーヴはジャパンダートダービーを制すなど、2年連続で大物を輩出している新馬戦。そんな先輩に続けと、入念に仕上げられてきた。

 1日の栗東CWでは僚馬イメル、ミッキースピリット(ともに2歳新馬)と3頭併せ。6F84秒8-39秒7-12秒2(一杯)をマークし併入。生野助手は「トモに緩いところはあるけど、順調に来ていますし、水準の時計は出ています」と7日、順調ぶりをアピール。「おとなしい馬だけど、前向きさは感じられる。これから成長の余地はあると思います」と評価。“キラリ”とした走りで、偉大な兄姉の後を追う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス