文字サイズ

岡田代表、好素材アルママに熱視線「次元違う」

 熱いまなざしでターフを見つめる岡田繁幸代表
1枚拡大

 熱いまなざしでターフを見つめた。11日朝の函館競馬場。ビッグレッドファームグループ・岡田繁幸代表(68)の視線の先には、12年ヴィクトリアMの覇者ホエールキャプチャの初子アルママ(牡2歳、父オルフェーヴル、美浦・畠山)がいた。16年当歳セレクトセールで1億7000万円の高値をつけ、既に英ダービーにも登録済みの好素材だ。

 28日の札幌5R(芝1500メートル)での初陣に向け、コンビを組む柴田大を背に初めて芝コースで追い切られた。ラブミーリッキー(2歳オープン)、コスモスピード(4歳500万下)との併せ馬を最後方から追走し、直線は大外へ。最内の前者に1馬身遅れたが、後者とはキッチリと併入した。

 ラスト1Fは11秒7と鋭い伸び。岡田代表は「外を回るハンデもあったしね。新馬を勝った馬や古馬相手で、ましてや初めての本馬場の追い切りだから」と涼しい顔。「牧場でハードに鍛錬を積んで、スピードも筋肉の質も素晴らしい。次元が違う」と強気な姿勢を崩さない。超一流の相馬眼にかなった若駒が、実戦でどんな走りをするのか-。今から目が離せない。(デイリースポーツ・大西修平)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス