文字サイズ

矢作厩舎にミリオンホース続々誕生 明るい表情で「責任重いね」

 「セレクトセール2018」の2日目当歳セリが10日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。注目が集まったのは18年初上場となった新種牡馬の産駒たち。ドゥラメンテ産駒の「アイムユアーズ18」が1億8000万円、モーリス産駒の「ラスティングソング18」が1億7000万円の高値で落札されるなど、高評価を得た(※価格は全て税抜き)。

 矢作厩舎にミリオンホースが続々誕生だ。1億4000万円の「ヒカルアマランサス18」(牡、父キングカメハメハ)、1億2000万円の値をつけた「レディスキッパー18」(牡、父ハーツクライ)など、続けざまにゲットした矢作師は「責任は重いね」と話しながらも、その表情は明るい。

 10年ヴィクトリアマイル2着馬で、6頭目で初めて牡馬を産んだヒカルアマランサスの子に「この血統でやっと男が生まれて、きょうだいよりもいい」と評価。17年デイリー杯クイーンCを勝ったアドマイヤミヤビの全妹の後者には「オーナーの気合勝ちですね。個人的には一番好きな馬」と期待を膨らませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス