文字サイズ

【七夕賞】伏兵メドウラーク大金星 3連単256万円超の大波乱演出

重賞初制覇を決めたメドウラーク(左)
七夕賞を制しゲストプレゼンターの柳楽優弥(右)と握手する丸田
2枚2枚

 「七夕賞・G3」(8日、福島)

 サマー2000シリーズは大波乱の幕開けとなった。3角過ぎから一気に上昇したブービー人気のメドウラークが、ごちゃつく内を尻目にひとまくり。一緒に上がって来た2着馬を内からけん制しつつ直線半ばで堂々先頭へ。ゴール前の競り合いも首差振り切った。

 7度目の重賞挑戦。7歳の夏にして射止めた初タイトル。単勝は100・8倍の万馬券、3連単は256万円超の大波乱となった。初コンビだった丸田は「外から(マイネルサージュが)来たときに、かぶされないように乗りました。いい手応えで伸びてくれました」と笑顔。橋田師も「臆病なところのある馬。あんまり馬込みにいたら抜け出せなくなっちゃう。いい判断だった。力を100%引き出してくれた」と、鞍上の好騎乗を絶賛した。

 馬場も味方した。昼からの好天で発表こそ良馬場だったが、週末からの降雨で少し荒れ加減。鞍上は「道悪が上手だというのは(過去の)レースを見ていて分かりました。本当に上手でしたね」としてやったりだ。

 サマー2000シリーズの初戦を制し、今夏はシリーズチャンピオンを目指すことになりそうだ。トレーナーは「状態を見ながら。天候を見ながら、使うところを考えていきたい」とうなずいた。次戦は小倉記念か札幌記念か、あるいは新潟記念まで待つか。道悪を求めて?作戦を練る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス