文字サイズ

【POG】クリスタルバローズ追撃振り切った 次走で重賞挑戦も視野

早め先頭から押し切るクリスタルバローズ=福島競馬場
1枚拡大

 「新馬戦」(8日、福島)

 好発から2番手を進んだ3番人気のクリスタルバローズ(牡2歳、父ヴィクトワールピサ、母クロスバラード、美浦・奥村武)が4角で先頭に立ち、そのまま後続の追い上げを振り切って初陣を飾った。

 北村宏は「荒々しい走りをする馬だけど、スムーズに走れて良かった」と、ホッとひと安心。奥村武師は「持ち味のしぶとい脚を生かせたね。今後はひと息入れて、札幌2歳S(9月1日・札幌)も考えている」と重賞挑戦を視野に入れる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス