文字サイズ

【地方競馬】ハービンマオが関東オークス制覇 JRA勢苦戦で3連単10万円台の波乱

ハービンマオで関東オークスを制して喜ぶ松岡正海(左)と関係者
1枚拡大

 「関東オークス・Jpn2」(13日、川崎)

 川崎競馬の開催3日目11Rで争われ、ハービンマオが重賞初制覇。道中6番手を追走していた6番人気の伏兵が直線で追い上げ、先に動いた5番人気のゴールドパテックをゴール前で差し切った。逃げた3番人気のクレイジーアクセルが3着に粘った。

 JRAでの前走は9着に敗れたが、交流重賞の舞台ですかさず巻き返した。「よく頑張ってくれました。ずっと乗っている馬で、結果を出せてうれしい」。鞍上の松岡はゴール後、右手を突き上げて喜びを表した。

 道中は6番手を追走。2周目の3コーナーからグングン上昇し、4コーナーでは前団を射程圏内に入れた。最後はゴールドパテックをきっちり交わして、真っ先にゴールを駆け抜けた。

 6番人気と下馬評は決して高くなかった。管理する中舘師は「2、3頭強いのがいたし、こんなに走れるんだとビックリしました」と想像以上のパフォーマンスに驚きの声を上げた。

 「レースセンスがいいし、長くいい脚を使える」と松岡。次走は未定だが、今後もダート戦線で活躍を期待できそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス