文字サイズ

【ヴィクトリアM】リスグラシュー悔し…G1タイトルまたも及ばす4度目の2着

 鼻差及ばず2着に終わったリスグラシュー
1枚拡大

 「ヴィクトリアマイル・G1」(13日、東京)

 4度目のため息だった。リスグラシューは悲願のG1タイトルに鼻差及ばず2着。「あそこまでいったら勝ちたかった」と武豊は天を仰いだ。

 8枠16番からのスタートでもあり、道中は13番手と後方から。「外枠はポジションがね…。ベストの位置で競馬ができれば良かったが、枠の差があった」と鞍上は唇をかむ。馬場の真ん中から馬群を割って、上がりメンバー最速の上がり3F32秒9をマーク。だが、先に抜け出した勝ち馬をとらえるまでにはいかなかった。

 G1で4度目となる銀メダルに、矢作師は「状態が良く、きょうは負けないだろうと思っていたが…」と明かし、「一戦ごとに課題は克服している。4歳春だし、まだ良くなる」と言葉をつないだ。

 オーナーの了解が得られれば、安田記念に参戦する意向だ。「牡馬相手でも十分やれる」とトレーナー。この悔しさは3週後の同じ舞台で晴らす。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス