文字サイズ

【皐月賞】ワグネリアン 1番人気に応えられず7着 ユーイチ「分からない」

 7着に敗れたワグネリアン
1枚拡大

 「皐月賞・G1」(15日、中山)

 勝負どころで外から進出を図った1番人気のワグネリアンだが、直線で伸びあぐねて7着に終わった。

 福永は「前回よりも雰囲気は良かった。事前に打ち合わせていたポジションにつけられたが、3角過ぎで仕掛けた時に、いつもの加速が見せられなかった」と唇をかむ。自身17度目の皐月賞挑戦は、2歳王者不在という大チャンスだっただけにショックは隠せない。「分からない。軟らかい馬場にノメる感じはなかったが…残念です」と声を絞り出した。

 雨上がりの重たい馬場に切れ味をそがれたのか。友道師も「エンジンがかからずじまいで終わってしまった。馬場の適性もあるのかな」と言葉少なだったが、報道陣の“巻き返しはダービーで?”の問いかけには力強くうなずいていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス