文字サイズ

キタサンブラックお相手はジェンティル母 初年度から種付けまつりだ150頭超!

 「17年度JRA賞授賞式」(29日、都内ホテル)

 昨年末の有馬記念で有終Vを決め、年度代表馬にも2年連続で選出されたキタサンブラックは種牡馬として大人気。12年三冠牝馬で国内外でG1・7勝を挙げたジェンティルドンナの母ドナブリーニなど、150~200頭と種付けを行うことが分かった。

 2年連続で競馬界最高の栄誉に浴したキタサンブラック。わずか3年の競走馬生活を最高の形で終えた。4歳以降の主戦を務めた武豊は「プレッシャーもあったが、これほどの馬に乗せていただき、騎手として光栄でしたね」と感慨深げ。清水久師も「心の中で謝りながらハードに攻めました。北海道に送り出した直後は、長い長い夢から覚めたような気持ちになりました」と振り返った。

 総額13億5000万円(1口2250万円×60口)のシンジケートが組まれ、既に北海道安平町の社台スタリオンステーションで、種牡馬としての新生活をスタートさせている。花嫁には国内外のG1で7勝を挙げたジェンティルドンナの母ドナブリーニなどが決定済み。オーナーがブラック用にフランスで買い付けたディステイン(5歳牝馬)も既に来日した。試験種付けも上手といい、150~200頭との交配が予定されている。

 昨年春の天皇賞ではディープインパクトのレコードを破るスピードを見せ、極悪馬場の秋の天皇賞ではパワーも披露した。「スピードとスタミナ、どんな場面でも勝負根性を発揮して結果を出してくれた。それを受け継ぐ子どもを出してほしい」とユタカも期待を寄せる。順調なら21年夏にも、ブラックの子がターフに登場する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス