文字サイズ

【AJCC】ゴールドアクター遅れも問題なし 中川師も納得「ここまで順調」

 追い切りではやや遅れてしまったゴールドアクター(手前)
1枚拡大

 「AJCC・G2」(21日、中山)

 昨年6月の宝塚記念2着以来となるゴールドアクターは11日、宮崎(レースでは武豊)が騎乗し、美浦Wでリヴェルディ(4歳1000万下)を約5馬身後方から追いかける形でスタート。直線入り口では内から馬体を並びかけたが、そこから突き放されてしまった。それでもタイムは5F66秒5-37秒6-13秒6とまずまずだった。

 「相手が動いたし、遅れたのは仕方ない。ここまで順調に来ている」と中川師。有馬記念には間に合わなかったが、春の大目標を大阪杯(4月1日、阪神)に切り替えて、ここから始動する。近2戦でコンビを組んだ横山典がミッキースワローに騎乗するため、今回は武豊との初タッグ。「休養が長くなったけど、いい競馬をしてくれると思う」とトレーナーは前向きだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス