文字サイズ

【愛知杯】マキシマムドパリ 連覇へ衰えなし 冬でも元気!ラスト12秒5

 藤岡佑を背に出来の良さを誇示したマキシマムドパリ
1枚拡大

 「愛知杯・G3」(13日、中京)

 連覇へ向けて視界は良好だ。昨年の愛知杯で待望の重賞初制覇を飾ってから1年。年が明けて6歳になったマキシマムドパリだが、衰えの気配は全く見せない。追い切りは栗東坂路で、主戦の藤岡佑が騎乗。全くの馬なりだったため、4Fは56秒9と遅いが、ラストは12秒5の好タイムでフィニッシュした。

 「ジョッキーも『順調に来ている』と言っていたけど、状態は変わらないね。この馬は冬場がいいみたい」と松元師は出来の良さに目を細める。夏は牝馬という競馬界の格言はあるが、冬に強い牝馬というのは珍しい。厳寒がむしろプラスに働いている。

 春に繁殖入りすることが決まっているため、使っても競馬はあと2戦。「いい意味で昨年と変わりないし、もう1年走れそうなくらい。前走はスタートから出していった分、苦しくなった。今度は出たなりで。スムーズに運べれば結果は付いてくると思う」と指揮官は自信ありげの表情。トップハンデの56キロでも、この相手なら力が違う。タイトルホルダーの底力を示してみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス