文字サイズ

【エ女王杯】ヴィブロス不発…直線伸びあぐねまさかの5着

 5着に敗れたヴィブロス
1枚拡大

 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都)

 世界を制した決め手を発揮できなかった。1番人気のヴィブロスはまさかの5着。好位で運んだ道中は口を割って引っ掛かり、鞍上がなだめながらの追走。直線も最後まで伸びあぐね、G13勝目はならなかった。

 「いいポジションで競馬ができたけど、ハミを取ってリラックスしていなかった。最初からずっと掛かって、最後は疲れていた」とルメールは肩を落とす。友道師が「ずっと掛かっていたから。それが全て」と話すように、自分との戦いに敗れた形だ。

 今後についてトレーナーは「年内は休ませる」と明言。連覇の期待が懸かるドバイターフ参戦には、「そのつもりです」と前向きに話した。リベンジのVは海外で果たす。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス