文字サイズ

【菊花賞】サトノアーサー 鋭くしまい伸ばし先着 池江師、本番を見据える

 「菊花賞・G1」(22日、京都)

 神戸新聞杯3着のサトノアーサーは12日、栗東CWでプロフェット(4歳1600万下)を追走する形から、ゴール前はビシッと追われて1馬身先着。6F81秒6-38秒3-11秒6としまいを鋭く伸ばした。

 池江師は「この中間も順調。前走からの上積みはありそう。3000メートルへの距離延長は折り合い次第」と本番を見据えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス