文字サイズ

【ボート】まるがめボートで珍事…1着走行中にまさかのエンスト

1着を走っていたがまさかのエンスト失格となった新美恵一
1枚拡大

 「マスターズリーグ第7戦・G3」(7日、まるがめ)

 天国から地獄-。その言葉が当てはまるようなアクシデントが2日目5Rで起きた。人気を集めた1号艇の新美恵一(49)=愛知・61期・A2=がインから1M先マイ。その後も悠々と先頭を走っていたが、2周2Mの手前で突然ストップ。浮遊物を巻き込んでエンスト失格(選手責任外)となった。

 G1優勝10回、SGでも優勝こそないが優出6回を誇る実力者だが「こんなことは初めて。何を巻いたか分からないが衝撃を感じた。ペラも変形していた」と、さすがにレース後はガックリと肩を落としていた。なお、後半9Rはペラを叩き直して出走。3コースから差して3着と無事にゴールラインを通過した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス