文字サイズ

キタサンブラック秋は古馬王道3戦

キタサンブラック
1枚拡大

 宝塚記念9着後、休養しているキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)の秋のローテーションが8日、管理する清水久詞調教師から発表された。かねてから候補に挙がっていた天皇賞・秋(10月29日・東京)から始動し、連覇が懸かるジャパンC(11月26日・東京)へ。そして、暮れの有馬記念(12月24日・中山)で締めくくる。

 古馬王道ローテへの参戦に、トレーナーは「秋は、G1を三つ行きます」と力強く宣言。具体的な帰厩の時期については「未定です」と話すにとどめた。

 秋盾にはマカヒキやソウルスターリングが、ジャパンCにはレイデオロがエントリーを予定。若い世代を打ち破り、改めて現役最強を誇示する構えだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス