文字サイズ

【POG】ワグネリアンが評判馬ヘンリーバローズとの接戦制す

「新馬戦」(16日、中京)

 芝2000mで行われた一戦は、2番人気のワグネリアン(牡、父ディープインパクト、栗東・友道)が、単勝1・7倍の1番人気ヘンリーバローズ(2着)との激しい叩き合いを鼻差で制して新馬勝ち。中団追走から直線に向いて、外から末脚をさく裂。祖母に重賞6勝のブロードアピールいる血統馬が、最速の上がり32秒6の切れ味を発揮して勝負を決めた。タイムは2分4秒7。

 「満点。言うことないね。最後はいい脚を使ったし、競馬も上手。このまま順調に行ってくれたら」と福永祐一騎手はパートナーを高く評価。2着に敗れたヘンリーバローズの川田将雅騎手は「スムーズに走ってくれましたが、最後は少し切れ負けしてしまいました。これから良くなってくると思います」と前を向いた。

 なお、さらに5馬身差の3着は3番人気のスヴァルナだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス