文字サイズ

土曜東京“この馬は消さないで”

 【東京11R・ナスノセイカン】準オープン卒業後は3戦連続でG2に挑戦。中1週のうえに距離が長かった日経賞こそ崩れたものの、AJCCは他馬にかぶせられて4角でつまずく不利がありながら6着。金鯱賞は内にもたれながらも4着に健闘した。今回は4走前にキャンベルジュニアを差し切った得意舞台。スローの瞬発力勝負が見え見えのメンバー構成に、頭数も手頃と、有利な条件がそろった。しかもハンデはアストラエンブレムより1・5キロ軽い55キロ。差し比べになっても見劣りはしないはずだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス