文字サイズ

小島太師最後の樫「夢は持っている」カリビアンゴールドと共にクラシック制覇へ

 カリビアンゴールドでオークスに臨む小島太師
1枚拡大

 紫煙をくゆらせながら、半世紀にわたるホースマン人生を静かに振り返る。来年2月いっぱいで定年を迎える小島太調教師(70)=美浦=は自嘲気味に笑った。「本当に牝馬クラシックには縁がなかったな」。

 騎手時代にJRA通算1024勝。ダービー2勝と輝かしい戦績を収めた名ジョッキーは、調教師へ転身後もG1・3勝馬マンハッタンカフェなどを輩出した。手にした数々の勲章。そこに桜と樫の文字はない。

 とりわけオークスには忌まわしき過去が存在する。「前哨戦を制したハードウェイ(68年)は府中へ移動する馬運車で暴れて出走取消。スイートローザンヌ(88年=3番人気)は向正面で骨折だ」。調教師としては「真剣にダービー参戦を考えた」という大物ミッドサマーフェア(12年)が1番人気で13着に大敗した。

 今年のカリビアンゴールドはまさに最後のチャンス。「折り合いさえつけば。ああ、夢は持っているよ」。ドラマはまだ終わっていない。(デイリースポーツ・豊島俊介)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス