文字サイズ

【競輪】短期登録の外国人6選手が来日記者会見

 短期登録選手制度で来日した(左から)デニス・ドミトリエフ、テオ・ボス、マティエス・ブフリ、シェーン・パーキンス、トマシュ・バベク、サム・ウェブスター
1枚拡大

 「2017年短期登録選手 記者会見」(16日・都内)

 2017年の短期登録選手制度で競輪に参戦する外国人選手6人が16日、都内で記者会見を行った。

 最多8度目の来日となるシェーン・パーキンス(30)=オーストラリア=は「今シーズンもエキサイティングなレースを展開したい。皆さんに喜んでもらえるように」と抱負を語った。リオデジャネイロ五輪ケイリンで銀メダルを獲得したマティエス・ブフリ(24)=オランダ、リオ五輪スプリント銅メダリストのデニス・ドミトリエフ(31)=ロシア、テオ・ボス(33)=オランダ=らおなじみの面々が来日。そのほかにも16~17年世界選手権ケイリン第1、2戦で優勝したトマシュ・バベク(29)=チェコ、リオ五輪チームスプリント銀メダルのサム・ウェブスター(25)=ニュージーランド=が初参戦する。外国勢は平F1(29~31日)を皮切りに11月まで全国各地で出走する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス