文字サイズ

【フローラS】ホウオウパフューム絶妙リハ 大一番へ負けられない

 田辺を背に柔らかいフットワークを見せたホウオウパフューム(手前)
1枚拡大

 「フローラS・G2」(22日、東京)

 ホウオウパフュームが19日、余力十分の走りで最終リハを完了。仕上がりの良さをアピールした。前走後は桜花賞をパスして照準を樫一本に定め、じっくりと調整を施されてきた。青写真通りに優先チケットを手にし、頂上決戦へと駒を進めたいところだ。

 連勝の勢いに乗ってオークスへの切符を狙う。ホウオウパフュームが美浦Wに現れたのは1回目の馬場整地明け。来週の青葉賞に臨む僚馬イブキ(3歳オープン)と併せた。

 向正面で6馬身ほど追走し、直線は内へ。並びかけてからは相手の動きに合わせる余裕を見せ、柔らかいギャロップで併入した。1週前に目いっぱいの負荷をかけられ、美浦坂路で4F52秒6を記録したが、今週は併走で気合を注入しつつ息を整えた。絶妙なさじ加減と言えるだろう。

 新進気鋭の奥村武師は「十分過ぎるほど本数を重ねてきた。仕上がりは問題ありません。ジョッキーも“先週より息が良くなっている”と言っていた。この中間で胴全体が伸びていて、競走馬らしくなりました。ステイヤーになってきていますね」と、自信たっぷりに語る。

 寒竹賞で挙げた2勝目以降、時間をかけてじっくり馬をつくり上げ、距離適性から目標をオークス一本に絞った。本番で好勝負するだけの自信がなければ選べない路線だ。頂上決戦を見据え、上がりにかける長丁場の競馬も教え込んできた。「デビューからジョッキーが教えてきたことが1戦ごとに身になっている。オークスへの期待に、馬の方が応えてくれているね」とトレーナーは樫の舞台を心待ちにする。

 「まずは権利。本番を使えない、ではね…」。優先チケット奪取はもちろんのこと、大一番に向けて内容も問われる戦いとなりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス