文字サイズ

【スプリングS】ウインブライト伝家の宝刀“大まくり”で2歳王者撃破

 直線力強く伸びて優先権を奪取したウインブライト
1枚拡大

 「スプリングS、G2」(19日、中山)

 5番人気のウインブライトが直線抜け出し快勝。重賞初制覇でクラシックへ夢を膨らませた。松岡は13年連続のJRA重賞制覇。2番人気アウトライアーズが2着、3着に6番人気プラチナヴォイスが入り、上位3頭が皐月賞(4月16日・中山)への優先出走権を獲得した。昨年の朝日杯FS覇者で、1番人気のサトノアレスは4着に敗れた。

 狙いを定めて一気に引き抜いた伝家の宝刀“大まくり”-。ウインブライトがライバルを強引にねじ伏せ、勝負駆けに成功した。

 序盤はいつも通りの後方待機。「ずっと、折り合いをつけて末脚を使うことを課題でやってきたからね」と松岡。レースが動いたのは3角過ぎだ。「(3着の)プラチナヴォイスがいい感じだったから、目標にして行けばいいと思った」。鞍上の好判断に導かれ、直線では大外から一完歩ごとに目標に迫り、最後にズブリ。「ソラを使うので一生懸命追った。初めて乗った時から期待していた馬。いい成長をしているね」と笑みを浮かべた。

 夢が広がる勝ちっぷりに、畠山師も笑いが止まらない。4きょうだい全てを管理してきたが、姉ウインファビラスでは15年阪神JFで2着。「今回は男馬に出て、(姉の手綱も取る)ジョッキーも今度こそと、期待していると思いますよ」と声を弾ませる。「トライアルとしては最高の勝ち方。芯が入ればどれくらい強くなるか。楽しみですね」と胸を張った。

 2歳王者を撃破する金星。姉が果たせなかった悲願のG1制覇に向けて、どこまで上昇カーブを描いていくのか。さらなる成長を遂げれば、世代の頂点もしっかりと視界に入ってくる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス