文字サイズ

【POG】ハヤブサキラリ 武井師自信の好仕上がり

 好仕上がりのハヤブサキラリが初陣Vを狙う
1枚拡大

 「新馬戦」(11日、中山)

 仕上がりの良さが目を引くハヤブサキラリ(牝、父ワークフォース、美浦・武井)が、土曜中山4R(ダート1800メートル)で初陣を迎える。1週前に美浦坂路で4F52秒6-12秒7を計時し、併せ馬で1馬身半先着。当時の調教パートナーは、5日の新馬戦で2着したサンラファエル。武井師は「先週の動きを見れば、こちらも勝ち負けできる能力はあるでしょう」と手応えをつかむ。

 8日の最終追い切りは美浦坂路で4F55秒8にとどめたものの、先週時点で仕上がっているので問題はない。指揮官は「前向きな気性で初戦向き。この時期の新馬戦なら自信を持って送り出せます」とデビュー戦Vに期待を寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス