文字サイズ

【京成杯】マイネルスフェーン上々デモ 研ぎ澄まされた馬体に師も納得

 美浦坂路で好調ぶりをアピールしたマイネルスフェーン(手前)
1枚拡大

 「京成杯・G3」(15日、中山)

 ホープフルS2着のマイネルスフェーンは11日、美浦坂路で併走追い。研ぎ澄まされた馬体を誇示し、出来の良さを印象づけた。同舞台の重賞で連対を果たしており、条件も申し分ない。

 マイネルスフェーンは美浦坂路でウインヴォラーレ(4歳1000万下)と併せ馬を行った。暮れのホープフルSから中2週と間隔が詰まっているだけに、研ぎ澄まされた肉体を、大きな負荷でさらに追い込む必要はない。4F53秒1-38秒9-12秒9のタイムで併入した。

 「中間も状態は変わらずきているからね。追い切りはこんなものでいい。使いつつ良くなっていて、これこそ叩き良化型というんじゃないかな」。見届けた手塚師は納得の表情を浮かべる。

 デビューから4戦は後方からの競馬を強いられ、連対を果たせなかった。転機は3走前。チークピーシーズを装着すると、好位からの競馬で2着。直後に勝ち上がり、勢いに乗って挑戦したホープフルSでは勝ったレイデオロに0秒2差と善戦した。

 トレーナーは「チークを着けてから行きっぷりが良くなった。ビュッという脚があるから、東京より中山の方がいいと、前走乗ったシュミノーも言っていたし、展開とかがかみ合えばチャンスはあるんじゃないかな」と前向き。着実に力をつけているステイゴールド産駒が虎視たんたんとタイトル奪取を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス