文字サイズ

【ユニコーンS】ストロング軽快リハ

 「ユニコーンS・G3」(19日、東京)

 16日、美浦Wで堀厩舎の3頭が縦一列にポツンポツンと大きく離れ、それぞれ単走での追い切り。はるか前を行くインプロヴァイズ(6歳1600万下)を目標に、後方にはゴールデンバローズ(4歳1000万下)を従えてストロングバローズが軽快なフットワークを披露。4F53秒1-38秒5-12秒6をマークした。

 「先週しっかりやっているので、今週はサラッと。トモに疲れが出やすい馬だが、レース間隔をあけて使っているのでいい状態」と橋本助手。

 2走前のヒヤシンスSはゴールドドリームの2着だったが、前走の伏竜Sでは人気を二分したグレンツェントを破って快勝。そのグレンツェントがのちに青竜Sを勝ったことからも3歳ダート戦線ではトップ級の能力があることがうかがえる。

 「ヒヤシンスSの勝ち馬は強かったが、脚質の差もあった。このメンバーでも見劣りしない」と同助手。全5戦で連対を果たしている素質馬が重賞ジャックを狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス