文字サイズ

【ダービー】リオンV吉兆父と同じ枠に

 「日本ダービー・G1」(29日、東京)

 出走馬、枠順が26日に確定した。これもVへの吉兆だろうか。リオンディーズが、父キングカメハメハがダービーを制した時と同じ6枠12番を引き当てた。鞍上M・デムーロは昨年のドゥラメンテに続く連覇が懸かる一戦。こん身の手綱さばきで相棒を頂点に導く。また、来年2月末に定年を迎える長浜師が送り出すのはアグネスフォルテ。三冠トレーナーは最後の夢舞台に意欲をにじませた。馬券はきょう27日から前々日発売される。

 JRA騎手として転身後も、数々の馬を頂点に導いてきたM・デムーロが新たな勲章を見据える。ダービーは03年ネオユニヴァースと15年ドゥラメンテで2勝。武豊(98・99年)、四位(07・08年)に続く史上3人目の連覇を、リオンディーズとのコンビで虎視たんたんと狙っている。

 「どのレースも勝ちたいけど、ダービーは特別。すごく(価値は)重い。一番大きなレースだと思っているし、去年、勝ったけど、まだ勝ちたい」。全てのホースマンが目指す競馬の祭典へ、イタリアの名手は並々ならぬ意欲を燃やす。

 今春は弥生賞2着、皐月賞5着(4位入線から降着)に終わった2歳王者だが、復権の準備は整いつつある。いずれも外めの枠で折り合いに苦しんだことを踏まえ、鞍上は馬の舌を縛ることを進言。半兄エピファネイアは皐月賞、ダービーと2着に敗れたのち舌を縛り、神戸新聞杯、菊花賞を制した。ノウハウを生かし、兄同様の対策を施したことで「操縦性は良くなった」と効果の大きさをアピールする。

 吉兆も舞い込んできた。引き当てた枠は6枠12番。「できれば内が欲しかったですが、偶数番ですし、極端な外でなければと思っていましたから。あとはジョッキーに任せるだけです。前に壁をつくる形で運べれば」と高田助手。陣営にとって理想の内枠ではなかったが、父キングカメハメハの04年ダービーV枠となれば、何かの縁を感じずにはいられない。父の蹄跡をたどり、再び世代の頂点に立ってみせるか。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス