文字サイズ

「ベストターンドアウト賞」新設へ

 JRAが、今年で第80回を迎えるダービー(5月26日・東京)を記念して、同レース出走馬を対象に「ベストターンドアウト賞」の新設を検討していることが明らかになった。手入れが行き届き、パドックで最も美しく見えた馬の担当厩務員に贈られる賞で、厩務員の身だしなみも審査対象となる。

 多くの国で主に大レースを対象に行われており、欧米に遠征した日本馬では、05年英インターナショナルSに出走したゼンノロブロイの川越元厩務員、08年米BCクラシックのカジノドライヴの前田厩務員、昨年の英キングジョージVI&クイーンエリザベスSのディープブリランテの貝沢厩務員が受賞した。

 日本の競馬文化にはなかった同賞の新設で、担当厩務員のモチベーションが上がり、イメージアップ効果も期待。JRAは賞金のほかに賞品授与も検討中。いずれは対象レースも増えていきそうだ。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス