ホーム > 競馬・レース > 競馬・レース最新紙面記事

【ダービー】オオゾラ、想像上回る成長ぶり

 コスモオオゾラが良血馬を相手に一発
【拡大写真はコチラ】
 コスモオオゾラが良血馬を相手に一発

 「日本ダービー・G1」(27日、東京)

 エリートとは一線を画す人馬の夢物語には、まだまだ続きがありそうな気配が漂っている。クラシックの登竜門とも称される弥生賞を勝ち、皐月賞でも4着に奮闘しながら、コスモオオゾラの前評判は下落ムード。だが、状態面は明らかに1冠目を上回っている。

 25日の朝は美浦南の角馬場からAを周回し、ゲートへ移動。駐立を確認すると、再びAへ戻りじっくり流す濃密なメニューを消化した。毛ヅヤがさえた馬体は張りも良く、実がパンと詰まっている印象。中間、開催日を除きオオゾラの調教の手綱を取り続けてきた柴田大は「本当にここまでうまく来られました。皐月賞当時と比べて走りに力強さがある。一番いい出来で臨めますね」と、短期間での想像を上回る成長ぶりを強調した。

 出走馬18頭で唯一、サンデーサイレンスの血が一滴も流れていない地味な血統馬にまたがる鞍上は、デビュー17年目で初のダービー参戦。「騎乗できるだけでもすごいレース。ありがたい。夢のようです」とうなずく。「考え過ぎることなく、後悔しないレースを」と持ち味であるしぶとさをフルに引き出す構えだ。

 「思い通りの位置で折り合える、立ち回りの上手な馬。枠順も本当にいいところを引きましたからね。あとは極端なスローペースにならなければ」。自ら積極的に動いて、勝ちに行く‐。混戦の持久力勝負に持ち込み、たたき上げの人馬が最高の輝きを放ってみせる。

デイリーオススメ情報

ソーシャルブックマーク・RSS・google+1・twitter・Facebook

オススメ競馬写真ニュース








Copyright(C) 2011 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved.
ホームページに掲載の記事、写真などの無断転載、加工しての使用などは一切禁止します。ご注意下さい。
当サイトは「Microsoft Internet Explorer 4.x」「Netscape Navigator/Communicator 6.x」以上を推奨しています
Email : dsmaster@daily.co.jp